メールマガジン
内側から見た「半導体村」
今まで書けなかった業界秘話

 
 現在、世界半導体業界は、空前絶後の好況に沸いている。特に、3次元NANDフラッシュメモリとDRAMを中心としたメモリ市場が大爆発しており、チップも、製造装置も、材料も、つくってもつくっても足りない状態となった。
 
 その原因の一つは、人類が生み出すデータ量が指数関数的に増大しており、そのビッグデータをストレージするデータセンタが途轍もない規模で建設されていることにある。データセンタのサーバーには、DRAMはもちろん、大量の3次元NANDが必要であるため、メモリメーカーが狂乱の設備投資を行っている。
 
 もう一つの原因は、18兆円もの国家IC基金で、NANDやDRAMの巨大工場を建設しようとしている中国半導体産業にある。中国には「世界の工場」となったホンハイがあり、世界の半導体の60%を必要としている。しかし、中国の内製化率は13%しかないため、半導体の輸入が中国の貿易赤字の元凶になっている。そこで、中国政府が巨額資金を投入して、半導体を国産化しようとしているのである。
 
  本メルマガでは、ホットなニュースをタイムリーに取り上げ、その裏にある背景要因をつぶさに読み解く。また、半導体や電機産業の水面下で進行しつつある技術や業界動向を、どこよりも早く読者に提供する。
 
   バックナンバーには、「なぜ私はエルピーダを1年で去ったのか?」「なぜ日本半導体の復権を目的としたセリートに失望したのか?」「大学で半導体産業を研究しているときに本当は何があったのか?」「大学を辞してベンチャーを立ち上げようとしたとき何が起きたのか?」―などを湯之上隆の物語として収録している。筆者自身の個人的なエピソードをさらけ出すことで、“日本の半導体村”の実像に迫っていただくのが狙いだ。
 
  半導体や電機産業に携わるビジネスを理解するための一助として、また技術開発の方向性を見出すための手助けとして、本メルマガをご活用頂ければ、著者としてこれに優る喜びはない。
 

第6部 半導体業界トピックス

 

Vol. 173(2019年3月10日) 東芝メモリの新しい社名 / EUVの出荷状況と課題

 

Vol. 172(2019年2月21日) 米国、中国、ファーウェイの睨みあい

 

Vol. 171(2019年2月7日) ファーウェイはシロかクロか?

 

Vol. 170(2018年1月24日) 「米中法律戦争」 もしあなたの会社がファーウェィなど中国企業5社の製品やサービスを使っていたら

 

Vol. 169(2018年1月10日) ホンハイとシャープが一兆円規模のファンドリー建設へ "できるものならやってみろ"

 

Vol. 168(2018年12月27日) 激化する米中ハイテク戦争 あなたの企業も巻き込まれる

 

Vol. 167(2018年12月6日) ドライプロセスシンポジウム(DPS)の注目発表

 

Vol. 166(2018年11月22日) ゴーン・ショック / ドライプロセスシンポジウム参加記

 

Vol. 165(2018年11月15日) JAXAがロケットを打ち上げる理由は何か?

 

Vol. 164(2018年10月25日) メモリ市場は再爆発する(と思う)

 

Vol. 163(2018年10月11日) 日電バリアンの特許は米国に抹殺されたのではないか

 

Vol. 162(2018年9月27日) ルネサスによるIDT買収に関する見解

 

Vol. 161(2018年9月13日) MEMSとは何か?

 

Vol. 160(2018年8月30日) メモリ市場は調整局面を迎えたのか?

 

Vol. 159(2018年8月9日) 仮想通貨のマイニングに7nmの半導体!

 

Vol. 158(2018年7月26日) ワールドカップのミライ

 

Vol. 157(2018年7月12日) 危機感のない米マイクロンに危機感

 

Vol. 156(2018年6月21日) SCUBA・Divingのイノベーション史 

 

Vol. 155(2018年6月7日) 半導体技術毎の製造装置の世界市場規模と企業別シェア(アップデート)

 

Vol. 154(2018年5月24日) インターナショナル・メモリ・ワークショップ(IMW)2018参加

 

Vol. 153(2018年5月10日) 学会サバイバル / インターナショナル・メモリ・ワークショップ(IMW)

 

Vol. 152(2018年4月26日) 2018年のVLSIシンポジウムは「AI」がテーマ

 

Vol. 151(2018年4月12日) 『日本の半導体産業・研究の明るい未来を描く』

 

Vol. 150(2018年3月29日) 中国が半導体大国になる日は近い / 春の応用物理学会で度肝を抜かれた講演に遭遇

 

Vol. 149(2018年3月8日) サムスン電子の半導体工場の起工式でのまさかの珍事 / 名古屋大学での「プラズマ科学プラットフォーム講演会」

 

Vol. 148(2018年2月22日) メモリ市場の爆発の恩恵を受けている装置群

 

Vol. 147(2018年2月8日) 半導体技術ごとの製造装置の世界市場規模と企業別シェア

 

Vol. 146(2018年1月25日) 多層配線技術の変化と展望

 

Vol. 145(2018年1月11日) メモリメーカー大躍進

 

Vol. 144(2017年12月21日) 半導体市場の大爆発

 

Vol. 143(2017年12月7日) ドライプロセスシンポジウムのトピックス

 

Vol. 142(2017年11月23日) 7nm以降の配線材料

 

Vol. 141(2017年11月9日) ラム・リサーチのドライエッチャー

 

Vol. 140(2017年10月26日) 日経BP社は北朝鮮か

 

Vol. 139(2017年10月12日) 早稲田大学の長谷川研究室訪問

 

Vol. 138(2017年9月28日) 東芝メモリの買収合戦で惨敗した台湾ホンハイ

 

Vol. 137(2017年9月14日) 2017年秋の応用物理学会でのトピックス

 

Vol. 136(2017年8月24日) サムスン電子の時代がやってきた

 

Vol. 135(2017年8月10日) 講演とその報酬に関する私見

 

Vol. 134(2017年7月20日) 論文統計から分かる半導体の技術動向

 

Vol. 133(2017年7月6日) 訴訟合戦になった東芝と米ウエスタンデジタル

 

Vol. 132(2017年6月22日) 2017年VLSIシンポジウムに記者として参加

 

Vol. 131(2017年6月1日) NANDフラッシュメモリの競合他社の動き

 

Vol. 130(2017年5月20日) 東芝と米ウエスタンデジタル(WD)が国際裁判沙汰に

 

Vol. 129(2017年5月4日) BSフジLiveプライムニュース出演騒動記

 

Vol. 128(2017年4月20日) 東芝メモリ買収、裏で誰かが糸をひいている

 

Vol. 127(2017年4月6日) 東芝メモリその後&元エルピーダ坂本氏の虚言?

 

Vol. 126(2017年3月23日) 東芝メモリはなぜ2兆円? / 革新機構は引っこんでろ!

 

Vol. 125(2017年3月9日) 東芝の半導体技術者に対する違和感

 

Vol. 124(2017年2月23日) EUVの展望とギガフォトンの元会長からの依頼

 

Vol. 123(2017年2月9日) あの東芝で講演してきた! / 中国の半導体産業動向

 

Vol. 122(2017年1月26日) 米中半導体戦争勃発か?

 

Vol. 121(2017年1月12日) 東芝解体論 / 半導体メーカーと装置メーカーの関係

 

Vol. 120(2016年12月22日) TSMCの時代がやってきた

 

Vol. 119(2016年12月8日) スクリーンの苦境とその原因

 

Vol. 118(2016年11月24日) 帝国ニコンはなぜ壊滅したのか

 

Vol. 117(2016年11月10日) 人口知能と半導体プロセス

 

Vol. 116(2016年10月23日) 爆発する三次元NAND市場

 

Vol. 115(2016年10月13日) ラムリサーチによるKLA-Tencor買収破談の真相

 

Vol. 114(2016年9月22日) 孫社長の高笑いが聞こえる? インテルがARMの軍門に

 

Vol. 113(2016年9月8日) なぜ東芝の設備投資効率は高いのか?

 

Vol. 112(2016年8月25日) 日本の洗浄装置メーカーは大丈夫?

 

Vol. 111(2016年8月12日) 不思議なワイングラスと半導体ウェットプロセス

 

Vol. 110(2016年7月21日) ALEはイノベーションを起こせるか?

 

Vol. 109(2016年7月7日) EUVが大気圏突入へ!

 

Vol. 108(2016年6月28日) イノベーションのジレンマ再び

 

Vol. 107(2016年6月9日) サイノキングのその後 / 坂本氏は白旗を上げたのか?

 

Vol. 106(2016年5月26日) AIは半導体を製造できるか?

 

Vol. 105(2016年5月12日) 読者からの熊本地震被災地レポ

 

Vol. 104(2016年4月21日) 自動車業界はルネサスを私物化するな

 

Vol. 103(2016年4月7日) ラムリサーチが半導体製造装置売上世界一へ

 

Vol. 102(2016年3月24日) 四日市を三次元NAND工場で埋め尽くせ

 

Vol. 101(2016年3月10日) サイノキングテクノロジーの展望

 

Vol. 100(2016年2月26日) 看護師は必要だが、医師は要らない?

 

Vol. 99(2016年2月19日) シャープは買収される価値のある会社か?

 

Vol. 98(2016年1月29日) 東芝の社長は外部から招聘すべき! 

 

Vol. 97(2016年1月14日) 東芝よ奮起せよ

 

Vol. 96(2015年12月28日) 半導体業界のM&Aの “ TSUNAMI ”

 

Vol. 95(2015年12月17日) ソニーはエレクトニクス企業ではない?

 

Vol. 94(2015年11月26日) 中国・紫光集団の “ 爆買い ”

 

Vol. 93(2015年11月13日) 納得できない東芝の役員責任報告書

 

Vol. 92(2015年10月22日) サンディスクの身売りが東芝に落とす影

 

Vol. 91(2015年10月8日) IoTは未来を予測する

 

Vol. 90(2015年9月24日) 日本が洗浄に強い理由

 

Vol. 89(2015年9月10日) 腐りつつある東芝への提言

 

Vol. 88(2015年8月27日) FPGAが注目される理由

 

Vol. 87(2015年8月13日) 中国紫光がマイクロンに買収提案

 

Vol. 86(2015年7月30日) 東芝の傲慢症候群

 

Vol. 85(2015年7月16日) 日経記者は半導体の製造現場を知っているのか?

 

Vol. 84(2015年6月25日) VLSIシンポジウム参加報告

 

Vol. 83(2015年6月11日) 世界の亀山から日本だけの亀山モデルに

 

第5部 続・ベンチャーはつらいよ

Vol.62 ~ Vol.82(2014年7月24〜2015年5月28日) 2011年3月11日、東日本大震災が起き、福島原発が爆発した。大学で原子核工学を専攻し、半導体技術者になった筆者にできることは何か? 自問した結果、福島の子供たちを被爆から守る「たまごっち型放射線検知器」を開発するベンチャーを立ち上げることになった。そのエンジェルは、何と、 “ マッチ ” こと「近藤真彦」になった!

 
 

第4部 ベンチャーはつらいよ

Vol.39 ~ Vol.61(2013年8月20日〜2014年7月10日) 同志社大学を任期満了で退職した筆者は、ウエハリサイクルのベンチャーを立ち上げた。既存技術では3回程度しかリサイクルできなかった使用済みウエハを、200回以上再生可能にする技術を開発し、あと一歩でインテルに売込む所まで迫った。そんな矢先、リーマン・ショックが起きた。そして、資金援助をしてくれていた会社が傾いたため、無職無給に陥った。

 
 

第3部 Road to University

Vol.22 ~ Vol.38(2012年11月22日〜2013年7月25日) 日立から早期退職を勧告された筆者は、同志社大学に新設された経営学の専任フェロー(現在の特任教授)になった(経営学の“け”の字も知らないにもかかわらず)。最初に取り上げたテーマはエルピーダの研究。坂本社長(当時)に仁義を切り、エルピーダを調査した結果、「過剰技術で過剰品質をつくっている病気」を突き止めた。ところが、エルピーダからは「あいつは何者だ?」と睨まれ、「研究は中止、エルピーダへの出入り禁止」を言い渡された。同志社大学にも知れ渡り、それが原因で「明日から来ないでくれ」と退職勧告を受けたが、約5年の契約書をたてに、同志社大学に居座り、世界一周調査旅行を敢行するなど、奮闘を繰り広げた。

 
 

第2部 プラチナエッチングをめぐる怪しい人々

Vol.12 ~ Vol.21(2012年6月21日〜11月1日) 日立中研から半導体事業部の武蔵工場に左遷され、強誘電体メモリFRAM開発プロジェクトに関わり、不可能と言われたPtエッチングを成功させた。しかし、工場の技術者、上司、現場の作業員と大バトルを展開する羽目に。

 
 

第1部 志願したエルピーダをたった1年で去ったわけ

Vol.01 ~ Vol.11(2012年4月19日〜6月7日) たった1人出向を志願したエルピーダで、NECとの大バトルに敗れ、ドライエッチングGrの課長降格を言い渡された。窓際族となった筆者は、日立に出向解除を申し出たが、本社への復帰は敵わず、セリートへの出向を命じられた。