♪  半導体技術者の視点で、社会科学の研究を推進中。  ♪  社会科学者の視点で、半導体の技術開発を推進中。  ⇒ 最新記事と講演については、facebookでもお知らせしています。

 日経テクノロジーonline
「電子産業の今と未来を識者が論じるテクノ大喜利」
 湯之上担当記事一覧

技術無視の経営者と経営無視の技術者が、製造業を衰退させる
「『高品質立国ニッポン』は幻想か」(2017年12月21日)
またトラブルを起こしてしまった。10月に書いた私の原稿は、大石編集長に「湯之上の記事は北朝鮮で金正恩を批判するようなものだ」と言われて腹を立て、修正を拒否し、ボツになった。11月は書く気が起こらず回答を拒絶した。しかし、和田木さんなど友人から、回答者への復帰要請を多数受けたため、12月に復帰し、気合を入れて、乾坤一擲の原稿を書いた。ところがまたしても、「これは元エルピーダ社長の坂本氏への個人攻撃になっている」とダメ出しをされた。「エルピーダを倒産させた坂本氏を批判して何が悪いのか」と腹を立てたが、2度目のことであり、反論するエネルギーも気力も無くなった。ボツにしようとした原稿を編集担当の伊藤氏が、「私が書き直すから掲載させてほしい」といってきたが、それにも拒否反応を示した。だって、こちらの意図しない改竄があるに決まっているからだ。そこである一つの妙案がひらめいた。「伊藤さん、あなたが私にヒアリングしたことにして下さい。そのヒアリングを文字起こししたのが、私が提出した原稿だ。その原稿を基に、伊藤さんが記事を書くのです。ならば、ヒアリング結果を伊藤さんが”焼こうが煮ようが”、私の知ったことではない」。この結果、「私へのインタビューをして、その結果、伊藤さんが書いた」ことになっている「大喜利」の記事が、これである。やっぱり、メリハリのないつまんない記事になっちゃったなあ。でも、改めて言うが、これは湯之上の記事ではない。湯之上へのヒアリングを基に、伊藤さんが書いた記事である。