《微細加工研究所》へようこそ

所長の湯之上隆(ゆのがみたかし)です。
 
半導体技術者と社会科学者の二つの経験を生かして、新聞や雑誌記事の執筆とコンサルタントを行っています。
 
半導体では、微細加工技術者として、16年間に渡り、研究、開発、量産、合弁会社、コンソーシアムのすべての組織に所属しました。
 
その後、5年間は大学で、技術者の視点から、半導体産業の社会科学研究を行いました。
 
趣味は、潜水回数2000本を超えるスクーバダイビング(インストラクター)と2013年から始めたヨガです。

 
  

ライブ配信対応セミナーのお知らせ

 
 5月22日(水)10:30~16:30、浜松町のコンベンションホールにて、以下の題目のセミナーを行います。
 

【緊急開催】  
米中ハイテク戦争とメモリ不況を生き抜くビジネスの羅針盤

 

米国が「国防権限法2019」によりファーウェイを排除へ
米中ハイテク戦争が中国半導体産業の成長を加速する
“スーパーサイクル”が一転して半導体メモリ大不況に突入』

 
 全ての企業が、米中ハイテク戦争の影響を受けます。特に東京五輪直後の2020年8月13日から施行される米国の「国防権限法2019」への対策は待ったなしの状況です。対策を怠った企業は窮地に陥ることになると思います。
 
 遠隔地の方のために、PCで受講できる「Live配信」を行います。講師割引などのパンフレットができたら、改めて連絡いたします。多くの企業に対して、先行き不透明な時代を生き抜くための指針を提供できれば幸いです。
 
 詳細は、以下のサイトをご参照ください。
 
 https://www.science-t.com/seminar/A190522a.html
 

 
 
受講料が半額になるパンフレットを、以下からダウンロードできます。 
 

What's New

新着情報

今週のお知らせ

Facebookより抜粋

 NEW !!  【2019年2月22日】 メルマガ

 
 『米国、中国、ファーウェイの睨みあい』と題するメルマガを配信しました。
 
 私は……
 

  • ①中国政府の手先であるファーウェイが米国の知的財産を盗んでいた
  • ②その証拠を掴んだ米国がファーウェイの孟副会長を逮捕・起訴し、世界中からファーウェイを排除しようとしている、

 
 ……と思い込んでいた。
 
 しかし、これらは間違っていた。事実はこうだ(多分)。
 
 米司法省から米国製半導体の輸出を禁じられて操業停止に追い込まれた中国国営のZTEが司法取引をして、”米国にファーウェイを売った”。
 
 「中国製造2025」を警戒している米国は、それを根拠にファーウェイへの攻撃を開始した(ファーウェイが本当に技術を盗んでいたかどうかは米国にとってどうでもよい)。
 
 中国は、ファーウェイに傘下のハイシリコンが設計する超高性能プロセッサをZTEへ販売するよう迫っていたが、ファーウェイは断固拒否していた。米国がファーウェイを攻撃したことに対して、習近平は「しめしめ」と内心ほくそ笑んでおり、ファーウェイが弱体化して助けを求めてくることを心待ちにしている。
 
 しかし、アマゾン、グーグルに次ぐ世界3位のR&D費138億ドルを8万人もの研究者につぎ込み、スマホも5G通信基地局も、本物の最先端の実力を身につけたファーウェイは、米国の攻撃にも、中国の圧力にも、一切屈しない。
 
 要するに、通信基地局で世界を制したファーウェイを、米国が攻撃し(完全な濡れ衣だが)、中国の習近平はファーウェイを跪かせようとしているのだ。米中ハイテク戦争は、「米国と中国とファーウェイの3者の睨みあい」と理解する必要がある。

メールマガジン 内側から見た「半導体村」 今まで書けなかった業界秘話

 


 NEW !!  【2019年2月19日】 講演予定・講演実績

 
 講演予定と講演実績を更新しました。


 NEW !!  【2019年2月19日】 EE Times Japan

 
 EE Times Japanに、『10nmで苦戦するIntel、問題はCo配線とRuバリアメタルか』を寄稿しました。
 
 2016年以降、インテルが10nmを立上られないために、14nm工場が過密状態となって、プロセッサの供給不足を引き起しました。その結果、PC用やサーバー用を当てに製造されたDRAMとNANDが宙に浮き、価格が暴落しています。インテルは、なぜ10nmを立上られないのでしょうか?
 
 一方、TSMCやサムスン電子は7nmの量産を開始しています。インテルは、この2社に大きく後れを取っているのでしょうか?
 
 本記事では、インテルの10nmとTSMCなどの7nmが同等であることから、インテルが遅れているわけではないことを示した上で、インテルの10nmが立上らない原因が、微細配線にコバルト(Co)を適用し、バリアメタルにRuを使っており、そのCMPがうまく行っていないことにあることを論じました。
 
 一方、サムスン電子は、技術提携しているIBMが非常に巧妙な微細配線プロセスを開発し、恐らくこれを使うことにより、インテルのような窮地に陥らずに済んでいると考えられます。また、IBMと技術提携しているグローバルファンドリーズが、7nm以降はTSMCに委託することを決めたことから、TSMCもIBMの配線プロセスを使っている可能性があります。
 
 このように、インテルが立上に苦しみ、サムスン電子らが困っていないのは、IBMが開発した微細配線プロセスによるものだと言えます。
 
 半導体業界がメモリ不況から脱するためには、インテルが10nmを立ち上げることが必須です。頑張ってほしいと思います。


【2019年2月6日】 閲覧・ダウンロードできます

 
 一般財団法人 安全保障貿易情報センター(CISTEC)のジャーナル1月号に以下の記事を寄稿しました。
 
 “米中ハイテク戦争と中国半導体産業 10 年後には紅色半導体が世界を席巻?”
 
 ご一読いただければ幸いです。
 
 下記リンクをクリックすると、閲覧(ダウンロード)できます。