《微細加工研究所》へようこそ

所長の湯之上隆(ゆのがみたかし)です。
 
半導体技術者と社会科学者の二つの経験を生かして、新聞や雑誌記事の執筆とコンサルタントを行っています。
 
半導体では、微細加工技術者として、16年間に渡り、研究、開発、量産、合弁会社、コンソーシアムのすべての組織に所属しました。
 
その後、5年間は大学で、技術者の視点から、半導体産業の社会科学研究を行いました。
 
趣味は、潜水回数2000本を超えるスクーバダイビング(インストラクター)と2013年から始めたヨガです。

 
  

 オンデマンド配信のお知らせ 

 
 4月17日に開催したサイエンス&テクノロジーのセミナーについて、好評につきオンデマンド配信を行います。
 

 
 
エヌビディアのGPU祭りと半導体不況回復への羅針盤
ーGPUのボトルネックはTSMCの「中工程」と広帯域メモリ(HBM)ー
ー史上最悪クラスの半導体市況の回復は錯覚?ー
―TSMC熊本工場もRapidusも製造するものがない?―

 
 詳細は次のサイトをご参照ください
 → https://www.science-t.com/seminar/O240530.html


 早稲田大学オープンカレッジ講義 

 
 早稲田大学のオープンカレッジで、『間違いだらけの日本の半導体政策 昔も今も「経産省が出てきた時点でアウト」』をテーマに4回の講義を行います。

 

  • 第1回目 4月13日(土) なぜ日本半導体産業は凋落したのか
  • 第2回目 5月11日(土) TSMC熊本工場の是非を問う
  • 第3回目 6月1日(土)   ラピダスは2 nmの先端半導体を量産できるか
  • 第4回目 6月15日(土) 強いはずだった日本の半導体製造装置産業が凋落している

   → https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/62769/
     申し込み受付は終了しました。 

 申し込み受付は終了しました。

What's New

新着情報

今週のお知らせ

Facebookより抜粋

 New !!  【2024年5月23日】 メルマガ

 
 『シャープが液晶パネル製造から撤退 - 半導体と液晶の技術者の互換性 - 』と題する有料メルマガを配信しました。
 
 シャープの堺工場が停止し、その液晶技術者をソニーの半導体工場に出向させることが検討されているようです。
 
 半導体技術者だった筆者は、液晶開発を行っている会社に転職した経験がありますが、それは、とても楽ちんでした。
 
 しかし、この逆、つまり、液晶技術者が半導体の会社に転向するのは非常に難しいと思います…ということを論じました。
 

メールマガジン 内側から見た「半導体村」 今まで書けなかった業界秘話

 


【2024年5月9日】 JBpress

 
 JBPRESSに『なぜTSMCは半導体トップ企業になれたのか? 微細化で世界最先端を独走することになった本当の理由』を寄稿しました。
 
 TSMCのターニングポイントは二つあったと思います。
 
 ①130nmのCu配線の開発
 
 ②28nmの開発と大投資
 
 上記でTSMCは大きな失敗をしましたが、その失敗を糧として乗り越え、飛躍したことが今日の成長に繋がっていると思います。
 


【2024年5月7日】 EE Times Japan

 
 EE Times Japanに、『NVIDIAのGPU不足は今後も続く ボトルネックはHBMとTSMCの中工程か』を寄稿しました。
 
 NVIDIAのGPUが依然として不足しています。そのため、「H100」というGPUが1個4万ドル(600万円)もの高値で取引されています。
 
 なぜ、GPUが足りないのか?
 
 そのボトルネックは二つあります。
 
 1)GPUは、TSMCが開発したCoWoSパッケージでつくられますが、そのシリコンインターポーザのキャパシテイが全く不足している。
 
 2)GPUには、DRAMを積層した広帯域メモリ(HBM)を多数搭載しますが、2年毎に世代を更新しなければならないHBMの供給が不足している。
 
 将来を展望すると、今後数年間(もっと?)はNVIDIAのGPU不足は続くと思います。
 


【2024年5月1日】 講演の予定と実績

 
 講演の予定と実績を更新しました




第四刷
 
 2023年4月20日に出版した『半導体有事』(文春新書)ですが、お陰様で第四刷。
 
 第四版では一部、筆者の認識違いを修正しました。
 
 お買い上げいただいた皆様、誠にありがとうございました
 

 

朝日新聞インタビュー

 
 朝日新聞(2023/11/24)のコラム『TSMCの衝撃④』に筆者のインタビューが掲載されました。朝日新聞によれば、大きな反響があったとのことです。
 

 
 





ビデオニュース

 
 「ビデオニュース」に出演しました。(2023/07/30)
 
 テーマは『日本が半導体戦争に負けた理由と同じ過ちを何度も繰り返す理由』です。
 
 次のサイトで、10分(無料)のダイジェスト版が視聴できます。
 https://www.videonews.com/marugeki-talk/1164
 


キャノングローバル戦略研究所 動画

 
 キャノングローバル戦略研究所の杉山大志氏が司会を務める動画に出演しました。(2023/07/10)
 
 動画のサイトはこちらです。
 
 → https://cigs.canon/videos/20230710_7515.html
 


週刊プレイボーイ

 
 2023年5月29日に出版された『週刊プレイボーイ』の「”本”人襲撃」のコラムに、文春新書「半導体有事」のインタビュー記事が掲載されました。ご笑覧いただければ幸いです。
 




出演したテレビ東京の動画は、こちら

 

【豊島晋作】日本半導体産業、復活のシナリオとは!?
【セカイ経済】(2022年4月27日)


 
 

【豊島晋作】中国 VS アメリカ!?米中半導体戦争を徹底解説!!
【セカイ経済】(2022年4月19日)


 
 日本、韓国、台湾、中国の4か国を「東アジア」と定義した場合、その東アジアが特徴的に強い産業が多数あります。それらを総合的にまとめた書籍が『東アジア優位産業』(中央経済社)です。
 
 私は、「第13章 半導体 メモリメーカーの飛躍的成長と中国の台頭」を分担執筆しています。
 
 著者割引で2割引きになるそうです。もし、ご所望の方がおられましたら、ご連絡ください。